半沢直樹2の見逃し配信動画ダイジェスト以外でフルの無料視聴方法は?再放送と最終回はいつか

前作2013年放送の半沢直樹に続き、今作の続編半沢直樹2もすっごくおもしろくて目が離せませんね!!この記事では、

  • 半沢直樹2のダイジェスト版以外での見逃し配信はあるのか
  • 半沢直樹2の再放送で2話以降はあるのか&いつ再放送されるのか
  • 半沢直樹2は全何話で最終回はいつ放送なのか

以上を解説するとともに、見逃し配信をフルで無料視聴できる方法や配信サイトはあるのか紹介していきます。

すでにパラビやTVer(ティーバー)でチェック済みの方も多いと思いますが残念ながら、ドラマ半沢直樹2が放送されているTBS作品の見逃し配信がされているParavi(パラビ)では、ダイジェスト版のみの配信になっています。

ですが、半沢直樹2の1話が放送中にも関わらず再放送されたので、2話、3話、怒涛の4話以降も再放送される可能性はありますので、再放送の日時なども調べていきます。

半沢直樹の前作と
\吉沢亮主演のスピンオフ動画がフルで独占配信!/

※半沢直樹2はダイジェストのみです。

目次

半沢直樹2の公式フル動画の見逃し配信情報

まずはドラマ半沢直樹2の公式動画の見逃し配信情報です。

前途した通り、2020年8月時点での半沢直樹2の見逃し配信は、Paraviのダイジェスト版のみとなっています。前作は全話フルで視聴することができます。


\Paraviの無料体験の詳細&お申し込みはこちら!/
TBS・テレビ東京の放送中の人気番組を見逃し配信【Paravi】

ダイジェスト版以外で1話から2話、3話・・フル動画で視聴する方法は?

ダイジェスト版以外で1話や2話、3話のこれまでの放送の見逃し配信は現時点ではないです。

TBS公式の見逃し配信以外の違法アップロードサイトで動画を探したくなる気持ちはわかりますが、そういったサイトでも著作権が厳しくてアップロードできないようになっていたり、次々と削除されているのと、ウィルスなどのリスクがあるので視聴は控えた方がいいでしょう。

1話の再放送があったように、2話以降の再放送もされるかもしれないので、その時まで待ちましょう!

半沢直樹の前作と
\吉沢亮主演のスピンオフ動画がフルで独占配信!/


※半沢直樹2はダイジェストのみです。

本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

【5分で完了!】Paraviは登録が簡単!

Paraviは登録がとっても簡単です!

Pravi公式サイトより、ベーシックプランを選択し、アカウントの作成。この時に支払い情報も入力しますが、2週間無料体験期間は、料金は発生しません!これで、登録完了で、すぐにお好きな動画が視聴できます。


\Paraviの無料体験の詳細&お申し込みはこちら!/
TBS・テレビ東京の放送中の人気番組を見逃し配信【Paravi】

Paraviの解約方法!

KingHのアイコン画像KingH

Paraviの解約は、公式ページから簡単にできます。(アプリからはできません)

Paravi公式→Paravi

KingHのアイコン画像KingH

Paraviは登録も簡単だし、解約も簡単に完了します!サクッと2週間無料体験できますよ♪


\Paraviの無料体験の詳細&お申し込みはこちら!/
TBS・テレビ東京の放送中の人気番組を見逃し配信【Paravi】

半沢直樹2の再放送日時はいつ?

続いて、半沢直樹2の再放送の予定を紹介していきます。見逃し配信がダイジェスト版のみ・・なのでフルでみたいところなので要チェックです!

1話の再放送日

半沢直樹2の初回である1話は、

7月26日(日)15:30~17:00

で早速再放送がありました。1話がテレビ放送されたのは7月19日で、2話の放送日7月26日の日中、というタイミングでの再放送でした。

2話以降の再放送情報

半沢直樹2の2話以降の見逃し配信がダイジェスト版のみ・・フルで見たいところですが、現時点で再放送の日時は発表されていません。

前半のクライマックスが終わったら再放送の可能性もありますね!もしくは、最終回直前というタイミングでの再放送スペシャル・・が予定されているかもしれないですね。

半沢直樹の前作と
\吉沢亮主演のスピンオフ動画がフルで独占配信!/


※半沢直樹2はダイジェストのみです。

半沢直樹2は全話で何話?最終回はいつ?

半沢直樹2は全話で何話あるのか、最終回の放送日についても紹介していきます。

半沢直樹2全話の話数

コロナの影響で放送日が遅れての放送となり、全話で何話あるのか調べてみました。

公式サイトや公式ツイッター&インスタグラムをチェックしてみましたが、全話で何話なのかの情報が見つかりませんでした。

前半戦でもうクライマックス?!最終回なの?!って勢いですが、まだ前半だと思われますが、もしかして4話完結・・とかないですよね・・!

ちなみに前作のドラマ半沢直樹では全10話の放送でした。なので、4話目が前半のクライマックスなら、全8話の可能性もありますね。短すぎる・・!!

半沢直樹2の最終回の放送日

前途したように、全8話なら、最終回は9月6日。

前作と同じように全10話なら、最終回は9月20日と予想できます。

情報が出ましたらまた更新いたします。

半沢直樹の前作と
\吉沢亮主演のスピンオフ動画がフルで独占配信!/


※半沢直樹2はダイジェストのみです。

半沢直樹2のあらすじ&ネタバレ&感想と視聴率

半沢直樹2の見逃し配信フルでなかなか見れないので、ここではあらすじとネタバレ&感想を紹介していきます。視聴率も合わせて紹介するので前作との比較もしながらその人気ぶりを堪能してください。

ちなみに前作の半沢直樹の視聴率は以下の通りです。

半沢直樹ドラマ2013年&2020年放送の視聴率一覧

話数2013年の視聴率2020年の視聴率
1話19.4%22.0%
2話21.8%22.1%
3話22.9%23.2%
4話27.6%22.9%
5話29.0%25.5%
6話29.0%24.3%
7話30.0%24.7%
8話32.9%
9話35.9%
10話42.2%
参照元:https://news.yahoo.co.jp/articles/3e3d9a6a07b00394b1637275406e7f640ca09514

半沢直樹2では前作の視聴率よりも伸びるのか、楽しみですね!

半沢直樹の前作と
\吉沢亮主演のスピンオフ動画がフルで独占配信!/


※半沢直樹2はダイジェストのみです。

1話(7月19日):東京セントラル証券とスパイラルの買収計画

あらすじ

東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社である東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。


こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものにならないほど小さなものだった…それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、反骨心と確執が渦巻いていた。
一方、大和田は、敵対していたはずの中野渡頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。さらに、大和田の忠実な部下である証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。

そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。買収における株式取得にかかる費用はおよそ1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。


「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう—。そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった——。


飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!? 不屈のバンカー半沢の新たな戦いが今、始まる!

(参照元:TBS公式サイト)

1話のネタバレと感想!

シーズン1を全く見ていなかったのですが、それでもとても楽しめました。金融業界のことも全く分からないので不安だったのですが、全然大丈夫でした。とにかく登場人物のキャラが濃ゆくてハラハラドキドキしながらも、家族とキャラの濃さに笑いながら見てしまいました。半沢直樹で印象的なのは何といっても悪役たち。メガバンクの財力と権力とずる賢さを駆使して半沢たちを追い詰めていくのがなんともたまりませんでした。そんななかで癒しになってくれるのが及川光博さんのキャラだなと思いました。本社にいる重要な情報通として半沢を支えてくれる大切な同期。悪者がたくさんいるこのドラマで揺るがない正義として存在してくれる及川さんにありがとうと思いました。

感情優先なストーリーに違和感満載でやはりドラマだけにビジネスストーリーには程遠く、会社のトップの人間があれだけ感情的になる様な現実などあり得ない。金融界のアウトレイジみたいで全員悪役みたいで、歌舞伎役者の演技が濃すぎでした。 視聴率が22.0%で以外と見ている人が多い。 及川さんは説明セリフが上手。 傘でチャンバラする後のあそこから飲みに行くか!は自然で良かった。森山は基本、冷めてる男なのが熱いところもあるんだなっていうバランスが見えるのはいいし、それが半沢の影響でもっと変わっていくんだろうなってわかって良かった。あの半沢の言えー!への絶妙な反応も良かった。セントラ証券の小物悪役は小物つまて感じがして良かった。

7年ぶりの半沢直樹でしたが前の熱はまだ消え去ってはいませんでした。まずすごいなと思ったのは7年前と俳優さんのビジュアルが全く変わっていなかった事です。そこに一番感動しました。その後、セントラル証券に出向になった半沢がそこの子会社でひどい案件を押し付けられているという展開がこの先の面白さを予感させてくれました。案の定、半沢の部下である諸田が裏切って伊佐山に情報を流しているとわかった時にはかなり腹が立ちましたね。しかし、見事に視聴者の期待に応えてくれました。ちゃんと倍返しというワードが登場しますし叛骨精神がすごい半沢の勇姿が見れてすごく面白かったです。やっぱり堺雅人さんの台詞回しは聴きやすいです。

大和田の不正を暴いたため、東京セントラル証券に営業企画部長として出向になった半沢。銀行とは比べ物にならない小規模の取引ばかりだった東京セントラㇽ証券に大型買収案件が舞い込みます。それは大手IT企業の電脳雑伎集団の東京スパイラルを買収でした。しかし、突如電脳雑伎集団からアドバイザーの契約を打ち切られてしまいます。電脳雑伎集団は東京中央銀行についたのでした。これが半沢と東京中央銀行の戦いの幕開けとなりました。前シリーズは大和田と半沢の戦いがいつも楽しみでしたが、今回は大和田の部下である、証券営業部長の伊佐山が非常に迫力が有り、シーソーゲームを引き立てていると感じました。買収に必要な資金は1500億円以上。どうやってスパイラルを買収しようとするのか楽しみです。

1話の視聴率22.0%

初回の視聴率は前作の影響で、いきなり22%!前作の1話の19.4%よりも最初から飛ばしていることが数字でも表れていますね!

半沢直樹の前作と
\吉沢亮主演のスピンオフ動画がフルで独占配信!/


※半沢直樹2はダイジェストのみです。

2話(7月26日) スパイラルが買収されてしまう?!

1話から大いに盛り上がった半沢直樹2。2話でもハラハラドキドキの展開が待っていました!また、香川照之演じる大和田の名言『おしまいDEATH!!』も2話で・・!!

2話のあらすじ

東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。

一方、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。

瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。

しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。

(参照元:TBS公式サイト)

2話のネタバレと感想!

SNSでも話題になってましたが、大和田さんの「お終いデス」宣言が印象的です。大爆笑してしまいました。 内容もどんどん複雑になって半沢たちが追い詰められていく姿に、どうなっちゃうの~という感じでしたが、そこは大人気ドラマ。最後にはしっかりやり返していく姿が見ていて気持ちがいいです。半沢の部下の森山がスパイラルに出向き、あきらめるなと説得するシーンがとても印象的でした。あんな上司がいてくれたら部下も失敗することを恐れずに、自分で行動できるんだろうなーと思ってしまいました。まだそれぞれに、事情があり隠してることや裏で手を引いてることがどんどん出てくるんだろうなーと次回からの展開が気になりすぎる台2話でした。

続編となる今作で初の顔合わせとなった堺雅人演じる半沢と、香川照之演じる大和田元常務。感動の再開シーンですが、やはりただでは終わりませんでした。当然、顔芸の応酬があることは想像できましたが、その想像を軽く越えてくる、すばらしいパワーワードとジェスチャーを大和田がぶっこんできてくれました。半沢を心配するような素振りで残念ですとコメントした直後、追い打ちをかけるようにおしまいですとギロチンポーズとベロだし。これを半沢の顔面数センチという距離でやってくるんですから、よく堺さんは笑わずに堪えられたなと思います。2話は視聴率22.1%で好調。 電脳雑技集団がスパイラルを買収する大型案件は、親会社の東京中央銀行にとられてしまいました。

電脳がスパイラルを買収しようとする展開がとても面白かったです。半沢直樹特有のハラハラ感をすごく感じることができました。半沢を裏切った三木がまた半沢に手を貸してくれる展開には熱くなりましたね。ちゃんと伊佐山の動向を確認してスパイラル買収計画の計画書を手に入れて写真を撮って半沢に送って力になる流れがとてもかっこよかったです。まさかフォックスの郷田も伊佐山とつながっていたなんて思いもしませんでした。裏切り者には裏切り者が付きまとう感じで残念でした。伊佐山が詫びろ詫びろ言っている姿も見ていてむちゃくちゃ腹が立ちました。完全に言い方が歌舞伎役者でした。一瞬なんのドラマを見ているのかわからなくなるほど異様な感じがしました

東京スパイラルの社長 瀬名と半沢の部下である森山は同級生でした。森山は名瀬に買収阻止の提案をするが、東京中央銀行の子会社ということで信用してもらえません。そんな中、太陽証券の広重の提案で新株を発行し、その株をフォックス社の郷田に買い取ってもらうことを提案します。しかし、新株を買取る資金がないと疑った半沢は、広重と伊佐山が手を組んでいることに気が付きます。広重をどんどん追い込んでいくあのシーンは今まで以上に迫力がありました。「やられたら やり返す」久しぶりに聞いた名セリフ。次の展開が気になってしまって、仕方ありませんでした。今回はどうにか東京スパイラルの買収を阻止しましたが、伊佐山の次なる手段、本当に気になります。

2話の視聴率:22.1%

ビデオリサーチによると半沢直樹2の第2話は22.1%と、初回22.0%よりも少し伸びてます。放送中のNHK朝ドラエールの最高視聴率と並んだとされています。

3話(8月2日)金融庁調査とスパイラルのホワイトナイトに・・!

この回では吉沢亮が登場!前作でも登場した国税の黒崎(片岡愛之助)も出演します!

吉沢亮主演の半沢直樹スピンオフドラマの見逃し配信はParaviで独占配信中!


\Paraviの無料体験の詳細&お申し込みはこちら!/
TBS・テレビ東京の放送中の人気番組を見逃し配信【Paravi】

あらすじ

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。

だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか? さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。
果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?

(参照元:TBS公式サイト)

3話のネタバレと感想

半沢率いる証券会社とスパイラルによるFOXの逆買収ということでしたが、、半沢たちの作戦勝ちをみて本社の悪役が怒り狂うのは毎回見ていて気持ちがいいですね。もはやだれが見方でだれが敵かわからずやきもきしながら見させてもらいました。感情なし、利益やメンツだけを考えて動いている本社陣営とは違い、半沢たちには顧客の利益を考えて最適な方法を提供し、悪を成敗する。FOXの郷田社長を説得するシーン、そして郷田社長が半沢側についたのを知ったときの諌山の顔が最高でした。そして金融庁の黒崎もまだまだ何か隠していそうで、続きが気になりすぎて待ちきれません。毎週日曜の夜に見て、明日からまた1週間頑張ろうと思わせてくれるドラマです。

フォックスを買収計画に電脳雑技集団の平山夫婦の元に伊和山泰二が訪れてスパイラルの買収成立まであと8%まで迫ってきてやばかったです。伊和山は必ず勝つと意気込みます。一方、半沢は瀬野にブックスの買収を提案していました。瀬野は反論するが半沢が説得します。このドラマは飽きさせない繋ぎ止めて視聴率を魅了させてしまうドラマだと思いました。吉沢亮さんの1000%は仮面ライダーネタで片岡さんの下ネタが面白かったです。歌舞伎役者の共演者たちが顔芸で攻めまくる中、あくまで演技力で勝負かと思いきやまさかの下ネタ勝負が以外でした。なぜか半沢のこともさらっと直樹呼ばわりてま最後はまたねという捨てセリフで去っていきました。どうやら今回は半沢と戯れるためのお遊びだったように思います。

この回でスピンオフの主役である吉沢亮さんが参戦してくれてすっごく面白かったです。それから半沢の天敵でもある黒崎が再登場してきてくれたので待ってましたと言わんばかりのテンションになってしまいました。ほんといいキャラクターですね。あのおかま口調も健在で安心しました。あの口調じゃなければ黒崎ではありませんよ。一番ハラハラしたシーンは半沢のパソコンが怪しいと思った黒崎が隠し部屋を探してその中にある計画書を確かめようとする場面です。ピンチになった半沢はスパイラルの天才技術者に頼んで半沢のパソコンにハッキングして計画書を削除しようと考えるなんてすごいですね。間一髪で削除に成功したシーンは素直に喜びましたね。最高の展開でした。

東京スパイラルと正式にアドバイザー契約を結んだ半沢は、逆買収を提案します。そんなある日、突然 証券取引等監視委員の立ち入り検査が入ります。そこに黒崎が現れます。「お久しぶり あなた またおいたしてるんじゃないの?」のセリフ。何がまた起こるのかドキドキしました。証拠を見つけようとシュレッターのごみをパズルのようにしてつなぎ合わせ、買収の証拠を見つけ出そうとする黒崎の自信に満ちた言動。相変わらずだと思いました。その後、半沢のパソコンを調べだした黒崎。クラウドにあげていた隠しファイルを見つけ出します。半沢から連絡を受けた瀬名は、高坂を使ってハッキングによるデータ削除を試みます。あの時のやり取りが紙一重で本当にハラハラしました。見事データ削除できた時は思わず手をたたいてしまいました。

3話の視聴率:23.2%

ビデオリサーチによると第3話は23.2%!初回22.0%より回数を追うごとに視聴率が高くなっているのがわかりますね!ついにNHK朝ドラのエールの最高視聴率よりも高くなり、世間の心を鷲掴みしていますね。

半沢直樹の前作と
\吉沢亮主演のスピンオフ動画がフルで独占配信!/


※半沢直樹2はダイジェストのみです。

4話(8月9日)前半のクライマックス?!

前半のクライマックスの4話、半沢と大和田との共闘が期待され、大和田の名言『死んでも嫌だね!』がまたしても飛び出した最高の回でしたね!大和田さんが戻って来ちゃうところで、好きを通り越して愛おしすぎる・・というコメントを残すツイッターユーザーさんも見かけました。

4話のあらすじ

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。財務担当の玉置(今井明彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。これ以上、打つ手はあるのか——。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く——。

銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?
すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

(参照元:TBS公式サイト)

4話のネタバレと感想

東京中央銀行の電脳雑技集団への500億円の追加融資が決まれば、スパイラルの買収が事実上決まり、半沢も地方に出向になってしまう。そんな大ピンチを救ったのが、宿敵の大和田取締役。大和田と半沢の感情と感情のぶつけ合いは、このドラマの見所の真骨頂。大和田は原作ではもう出てこないが、ここまで重要な役として入れた脚本は見事としか言いようがない。原作のおもしろさを崩さずに、ドラマならではの面白さに昇華している。だからこそ、人気が落ちず、高視聴率を続けることができるのだろう。その大和田と部下の伊佐山とのやりとりも注目ポイント。伊佐山がしたたかな裏切りを見せつつも、大和田が半沢を利用し、逆転する。大和田が会議中に見せた、何とも言えない涙。いろんな意味を持つこの涙が、歌舞伎のような大げさなワンシーンをしっかり引き締めてくれたような気がした。

なんとかフォックスを買収できたのもつかの間、やはり銀行は親会社としてのメンツのためになりふり構わぬ攻撃を仕掛けてきましたね。この攻撃をどう切り抜けるのか、また、半沢の出向先はどこになるのか、この辺がポイントかなと思いつつ見ていました。渡真利の情報収集の能力はスパイ映画並の凄腕だと思いました。まあ、ドラマなのでデフォルメされていても仕方ないかと思いました。このフィクションさに流されかけたときに、半沢が、正しいことは正しいということ、ひたむきに働く者に正当な評価が与えられること、という名言を放ち、ドラマに現実感を与えてくれました。そして、半沢は大和田とタッグを組むという離れ業で銀行に逆襲してしまいます。この展開には驚きました。

いつもながら冷静な半沢直樹が憎らしいほどでした。もう16時間あると考えるのもあと16時間しかないと考えるのも同じ人間です。そのギリギリの時間、精神状態の中で突っ走る半沢は本当に凄いの一言です。もちろん、どうアプローチすれば大和田が動くかも計算済みなんて、尊敬してしまいます。それより何より大和田と伊佐山の仲間割れに乗じていくところもたまりません。私的には伊佐山が大和田に土下座野郎と言ったところは好きではないのですが。今回一番印象に残ったシーンは、半沢が副頭取をじわじわと追い詰めていくところでしょうか。最後はバシッとですが、じわじわと行くところがどうしても気になって目が離せなくなります。次回以降も楽しみです。

前シーズンとうって変わって同じグループ会社なのに子会社と親会社が争うという企業的には考えにくい設定が刺激的で今回もヒヤヒヤとする目まぐるしい展開で終始目がはなせない様相が面白かったです。4話にきて大和田さんの尺が比較的長めにきたのは個人的には良かったのですが結局は伊佐山さんは大和田さんに忠誠を誓っていたんだなとみんな半沢直樹の敵で戦力的に劣勢であるがゆえに見応えがありました。作中の半沢直樹の妻のちょっとしたひとことが旦那をたてている空気があって思いやりが感じられて良かったです。大和田さんの施されたら施し返す、恩返しという倍返しにかけた台詞と役員会議でのいえーがかつての半沢直樹のようで結末への導き方がとても面白かったです。

航空会社の再建の担当者を命じられた半沢直樹が到底誰もない得ないと思われる困難な業務に敢然と立ち向かう姿に感動しました。同じビジネスマンとして、見習うべき点があり、応援してしまう自分が半沢直樹とともに戦っている気分にさせられてしまします。原作者が銀行や周辺情報に非常に詳しく本当にあった実話に思われてついつい飲み込まれてしまいます。大和田を味方に巻き込み、その戦略にも驚きます。今回はただストーリーをそのまま展開するのではなく、戻るシーンをうまく取り入れ演出のうまさも感じました。半沢の多数の部下が半沢部長を誰もが信頼しているシーンも印象的でうらやましく思いました。やはり、半沢直樹が単価を切るシーンは南海見てもすっきりします。妻の花も南極でもどこでも私は行きますというところもジーンときました。

大和田は 頭取に恩返しをしようと動いていたことが、結果的に良い結果を招いたのかもしれません。彼はそれを半沢にも強要していましたが、彼は彼のやり方でお返しをしていくことでしょう。今度の案件は帝国航空です。いよいよ民間VS政府の戦いになってきたような感じがしました。花は再び東京中央銀行の奥様方と交流をしていくことになるのでしょう。本当に半沢にとって、無くてはならない存在ですし、彼女が居るからこそ、これからも半沢は頑張っていくことができるでしょう。頭取の真意が良く分かりませんが、やはり一番高い所から部下たちを温かく見守っているような気がします。半沢はいずれ頭取になる器を持ち合わせていくのかもしれません。次回も楽しみにしています。

役員会での半沢の熱弁痛快でしたね。よくぞ電脳の粉飾を暴いたなと。あの伊佐山の悔しがる表情と半沢が追い詰める姿に興奮しました。やっぱり倍返しは存在しましたね。三笠が伊佐山の頭を押さえつけて今までの半沢への非礼を詫びろと言ったシーンは印象的でしたね。それと森山が入手した電脳の平山夫婦が白状して全てのからくりを話した内容を録音した音声を役員会で流した時の三笠の表情も忘れられないですね。子会社が親会社の不正を暴くなんてそうはあり得ない話なんだろうけど半沢みたいな真っ直ぐで熱い人間だと出来てしまうんでしょうね。やっぱり人間自分の出世の事ばかり気にしていると周りが見えなくなって自分を見失ってしまうんでしょうね。三笠と伊佐山に諸田の電脳への出向は実に気持ち良かったです。

毎回のどんでん返しが見どころで、今回は、大和田が伊佐山に裏切られるという驚きがあり、さらにその大和田を味方につけた半沢に対する驚きとどうなるんだというワクワクが止まりませんでした。最初は半沢の申し出に対して案の定、断る大和田の姿がありましたが、結局半沢の申し出を受け入れざるを得ない状況に気づき戻ってくる姿には少し笑ってしまいました。大和田を動かせたことで後は半沢の思うがまま、半沢節で悪事を斬っていく姿は時代劇を見ている感覚でした。伊佐山の土下座で終わった半沢のお裁きは圧巻で、表情だけで悔しさが伝わる副頭取の姿は見どころでした。その後、東京中央銀行に再び出向になった半沢が綻寸前の帝国航空の再建を担うこととなり、早速半沢節が聞かれていましたが、今度の敵は国?!と思えるような国土交通大臣の発言に半沢がどう突破口を見つけるのか、そして大和田が今度半沢にとってどういう存在となっていくのかさらに期待が高まりました。次回も楽しみです。

半沢が大和田が車に乗り込むのを引きとめた時のやり取りというのが印象的でした。この時の半沢が車の前に飛び出して止めたのがやたらと記憶に残る場面でした。このシーンはもう一度見たくなる半沢と大和田の言い争いでした。そして大和田がある意味半沢に助けてもらっときながらまた裏切るようなことをするのが流石、大和田だなと感じました。伊佐山と三笠を倒すために2人が組んだ形になり今後もしかしたら仲良くなるかなとも思えました。ただ大和田が敵の方が半沢直樹は面白いなとは冷静に考えると気付きました。大和田以上の敵はもう存在しないなと感じました。半沢が銀行に戻ったことで賀来賢人が演じる森山の出演が減るのは寂しいなと思いました。

今回も半沢直樹大活躍で、勝負の日でした。とても印象が強かったのは2つあり、1つ目は半沢直樹が森山に遺言のように自分のために働くのではないことを伝えて因縁の相手大和田に立ち向かい、組むことを提案するシーン。大和田の嫌だけど助けてもらえる手段を得た時の複雑な顔は凄かったです。2つ目は半沢直樹が大和田と組んで伊佐山部長と副頭取の謎を明かし、詫びさせるシーンでした。伊佐山の特徴ある詫び方、詫びさせて副頭取であったがまさかの自分まで、そして裏で動いてくれた仲間との協力は素晴らしいものでした。そして気になったシーンは半沢直樹の帝国航空再建ですが、政府が絡んできたとんでもない案件です。進政党重鎮議員箕部啓治のあの顔とやり手らしい国土交通大臣白井の迫力が忘れられません。

4話の視聴率

半沢直樹の前作と
\吉沢亮主演のスピンオフ動画がフルで独占配信!/


※半沢直樹2はダイジェストのみです。

5話(8月16日)

5話のあらすじ

IT企業・スパイラルの買収劇をめぐり、電脳雑伎集団の粉飾を突き止めた半沢直樹(堺雅人)は、東京中央銀行を救った立役者として本店への復帰を果たした。だが復帰早々、中野渡頭取(北大路欣也)から直々に破綻寸前の帝国航空の再建を任される。

帝国航空は日本の空輸を担い、まさに国を代表する大企業だが、近年の経営状態は決して芳しくない。しかし、労働組合やOBの力が強いため大胆な改革もままならず、もはや身動きが取れなくなっていた。

そんな矢先、新たに国土交通大臣に就任した白井亜希子(江口のりこ)が会見で帝国航空の大胆な改革を華々しく提案する。彼女によれば、弁護士の乃原正太(筒井道隆)をリーダーとした直属の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げ、帝国航空に債権を保有しているそれぞれの銀行に、一律7割の債権放棄を検討しているという。

もしこのプランが実現すれば、東京中央銀行はおよそ500億円もの債権を手放さなければならなくなってしまう。半沢は何としても帝国航空を自力再建させるため、帝国航空へと乗り込むが、そこには一筋縄ではいかない巨大な壁が待ち受けていた…。

参照元:TBS公式サイト

5話のネタバレと感想

5話の視聴率

半沢直樹2のキャスト相関図

半沢直樹2では前作からの出演者に続き、賀来賢人や今田美桜らの登場もあり、個性派俳優&女優さん揃いです。

相関図がインスタにアップされていたのでご紹介。

https://www.instagram.com/p/B982KSzpxcf/?utm_source=ig_web_copy_link

半沢直樹2のまとめ

半沢直樹2の動画の見逃し配信は2020年8月時点ではParaviのダイジェスト版のみ!

再放送の予定は前半戦が終わるころのお盆時期か、最終回の直前の可能性もありますね。ちなみに全話何話なのか、最終回はいつなのか、というのもまだ発表されていないため、わかり次第追記していきます。

半沢直樹の前作と
\吉沢亮主演のスピンオフ動画がフルで独占配信!/


※半沢直樹2はダイジェストのみです。
目次
閉じる